魔物住むという「天台」に行ってきた - 男の料理・男の育児など「クッキングとうちゃん」 

魔物住むという「天台」に行ってきた


「天台には魔物が住む・・・」
という知る人ぞ知る言葉があります。
魔物とは何ぞや!?確認しに行ってきました。

スポンサードリンク





娘は弓道部、学校で一二を争う熱心な顧問のもと、
気合を入れ練習に励んでいます。
新人戦選手の候補になったとかで、
定期試験前・最中でも練習をおこなっていました。

そして、念願の新人戦選手に選ばれた!!と
嬉しい報告をしてくれました。

しかし、娘にとっては嬉しい半面不安が・・・
なんせビビリ体質なので、人前で競技をおこなうのが恥ずかしくて
緊張しちゃうとのことなのです^^

試合当日になっても「的に中ら(あたら)なかったらどうしようどうしよう・・・」
とグズグズいいながら支度していました。
しかし道着に袴、その上からカーディガンという出で立ちで、
さっそうと出かけていく様はなかなか勇ましいものがありましたよ。

余計な緊張をさせてもいけないと思い、娘には黙っていましたが、
こっそり試合の様子を妻と二人で見に行ってきました。

千葉スポーツセンターは千葉・稲毛区の「天台」というところにあります。
そこの弓道場で競技をおこなうというのは、
千葉で弓道を習う者の憧れらしいです。

道場の脇から競技が見られます。
そこには我々のような父兄や、応援の学生なども競技を見守っています。

高校弓道新人戦・天台.jpg

娘には動じるな、平常心でやれ。などと申しましたが、
なるほど緊張するのもわかりました。

的に中る(あたる)とその選手の同輩・先輩などから大きな声で
「よしっ!!」
と声がかかりますが、中らないと静かなまま・・・

当たった時と中らない時の反応の落差が激しいのです、
そりゃ本人にとってプレッシャーだろうよ・・・

女子団体戦が終わって、個人戦が始まりました、
娘の競技が始まります。

前半後半の二試合が行われ、一試合四本の矢を射ります。

ギリギリギリ・・・(弓を引く音)シュッ!(矢を放つ音)
ズスッ!(的に中らず的の周りの盛土に刺さる音)

まあ最初は仕方ありません、
しかし・・・前半戦の四本はすべて外れで終わりました。

スポンサードリンク




この天台では何度か競技をしたことがある弓道三段の妻いわく

「この道場は、射場と的の間の芝がわずかに盛り上がっており、
的が地面すれすれにあるように見える、
だから目測を見誤り、高めに矢を射ってしまう、
だから『天台には魔物がすむ』といわれてる」

と教えてくれました。

なるほど、ほかの選手も的の高めの盛り土部分に矢が刺さりがちです、
しかし中る子は中っており、
それが魔物に打ち勝ったことになるのでしょう。

1時間半後、再びの団体戦が終わり、娘の二回戦が巡ってきました。

ギリギリギリ・・・シュッ!ズスッ!!

私は娘の雄姿をビデオカメラで収めようと構えており、
的を見ることができないので
中ったか否かを音でしか判断することができません

ズスッ!と鈍い音が3回続いたのち、最後の行射であることを察しました。
これで外れて心が折れ、部活をやめるなんて言い出したらどうしよう・・・
なんて心配がグルグル廻ります。

ギリギリギリ・・・シュッ!・・・スタンッ!!

きれいに的に命中する音が!
「よしっ!!」大勢からの声かけも頂いていましたよ。
的のほぼ真ん中に命中し、なんとか天台の魔物にあらがうことができたようです。

試合が終わって、妻に送られたLINEの文面では、むっちゃ嬉しかったとのこと(笑)

計八射中四射が中らないと本戦には出場できず、娘の新人戦は終わりましたが、
台風と台風の合間の快晴の秋の日であることも相まって、
ちょっとすがすがしい気分にさせてもらいました。

スポンサードリンク



2017-10-29 11:58 | 千葉 ☔ | Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良かったですねー
子供のスポーツ観戦はハラハラドキドキしますねー、一緒に戦ってるような、親の方が興奮してしまいます(^-^;
私も弓道やりたかった、しかし、この小さい体、腕力もなく、忍耐力もない私には到底無理な事でした^_^
Posted by シャネル at 2017年11月01日 05:04
>シャネルさま

コメント有難うございます!

ありがとうございます、ホッとしました(笑)
娘に拳法を習わせていた従兄に
「子供が大会に出るようになったら応援するのが面白いよ」
と言われていたのですが、なるほどその醍醐味を味あわせて頂きました。
妻は50歳頃から弓道を始め、今も続けていますよ、
身体も小さいし力もありません。
しかも、市が主催するサークルで習っています。
今からでも遅くはありません、機会があったら是非!
Posted by ミフボンヌペール at 2017年11月01日 08:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


    スポンサードリンク
   

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 男の料理・男の育児など「クッキングとうちゃん」  All Rights Reserved.