高齢化を考える夏 - 男の料理・男の育児など「クッキングとうちゃん」 

高齢化を考える夏














日本の抱える大きな問題、
「人口の高齢化」
今まで他人事として気にしていませんでしたが、
今回帰郷した折、その問題の深刻さを痛感させられました。

そしてつい最近のこと、私の生活圏でも高齢化問題でショックなことがありました・・・


佐賀に住む伯母は90歳、

しかし歳を感じさせない元気さと行動力があります。
基本一人暮らしなのですが、
しょっちゅう友達同士で誘い誘われ、
車を運転しては出かけシングル生活を満喫していました。

食べることが大好きで、
昔は誘われて車で飲食店巡りをしました、
私の食べ歩き仲間でもあります(笑)

しかし最近になって運転免許を返納したそうです。
やはりこの高齢で車の運転は不安だからと
周りに勧められました。

佐賀に限らず田舎は車社会、
田んぼの真ん中の一軒家に住む叔母にとって、
車を運転できないことは生活に大きな支障をきたします。

今のところ週に2回のデイケアサービス、
ボランティアの送迎による買出しで事なきを得ていますが、
外出が減ることにより、老けこまないかと心配です。

帰郷旅8.jpg
 家族や叔母と行った近所の料理屋の「白えびかきあげ定食」安くて量もたっぷり!!

伯父はその伯母より少し年下です。
白内障のため完全に失明状態で、
奥さんの手助けがないと生活できません。

やはり週に二回ほどデイケアサービスと、
病院通いをしているのですが、
交通手段が限られているのでタクシーを利用せざるをえません。

金銭面以外にも奥さんに相当な負担がかかるらしく、
疲労により体調を壊してしまったそうです。

帰郷の折、ご機嫌伺いに出向いたのですが、
そのような状況にもかかわらず、
二人とも明るく元気で過ごされている様子が
垣間見られてそれが救いでした。

しかし「若い人がいれば助かるけど・・・」
と本音を漏らしておられました。
伯父たちの息子(私にとって従兄)は神戸に住んでおり、
面倒をみることは不可能です。難しい問題ですね・・・

さて、私の両親ですが・・・、

母は背中こそ丸まってしまっていますが、
まだまだ元気でしっかりとしています。
しかし、父は数年前に足の骨を折ってから、
すっかり老けこんでしまいました。

それまでは「歳の割には若い」と周りから言われ、
体力だけが取り柄の父でしたが、
今では家の中でも、
杖を使わなれば移動できないといった有様です。

おのずと動くのが億劫になり、
一日テレビを見て過ごすことが多くなりました。

「時々、ボケんしゃったとじゃなかろうかと思うとよ・・・」
電話でそんな報告を受け、気になったのが今回帰郷した一番の理由。
たしかにボー・・・ッとテレビばかり見ている父は、
母が心配するのも納得の様子でした。

娘がしっかりした爺ちゃんの姿を見られたのは今年が最後だった・・・
なんてことにならないことを祈ります。

スポンサードリンク





これはつい最近、帰郷旅から帰ってからの出来事。
近所のスーパーに買い物に行った折、
知り合いのおばあさんに出会いました。

「こんにちは〜」
と声かけしてもキョトンとされています。
あれ?
「あの〜私、娘がお宅のお孫さんと同級生の・・・」
と続けてもキョトンとしたまま。

人違いだったかなと思い、
「○○ちゃんのおばあちゃんですよね?」
と問うてみたところ
「たしかに○○は私の孫ですが、あなたはどちら様?」

ガー…ン!!ショックでした。

このおばあさんは、娘を保育園に送る際、
通い路の途中にあった一戸建てに一人で住んでいる方です。

私にも同じ歳の孫がいるのよと、お声をかけてくださって、
それから世間話をする仲になりました。
その後小学生の時、娘とそのお孫ちゃんが同じクラスになった時には、
たいそう喜んでくれました。

二年ほど前、道端で出会った時には
「あーら、お久しぶり。お元気?」
と向こうからお声をかけてくださり、30分程立ち話をしました、
普通なら忘れられる間柄ではないはずですが・・・

すぐにこれは認知症による健忘ではないかと察しました。

「いやだなあ、よくおしゃべりしたじゃないですか?思い出してくださいよ!」
などと追い詰めるようなことはせず、ただ淡々と世間話を続けましたが、
「おたくさまは、私のこと良くご存じですのね!」
と言われた時にはなんともいえない寂しさを感じてしまいました。

言いたい事をはっきり言う、凛とした感じの方で、
まさかこのような症状になってしまったのがいまだ信じられません。

「いつまでもお元気で」と会話を締め
後姿を見送りました・・・

こうして立て続けに高齢化の問題をまざまざと見せつけられ、
何かの形で困ってらっしゃる高齢の方の、
手助けができないかを考える夏になりました。

もうすぐこのブログを初めて10年になります。
料理や育児をぽつぽつ書いてきましたが、
このように高齢化問題の事を書くことになるとは思いもよりませんでした。












2017-09-18 09:24 | 千葉 ☁ | Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
母も一人暮らしに慣れてきた頃かなーっと思う今日この頃
今は畑仕事を楽しんでますが、冬はどうしても家にこもらなければならない状況になるので心配です
頑張りやさんなので無理して体壊さないとよいのですが(^-^;
Posted by シャネル at 2017年09月25日 04:25
>シャネルさま

コメント有難うございます!

ウチも両親が助け合って暮らしているから、まだ安心していられますが
シャネルさんはご心配でしょうね・・・

畑仕事は人に元気をを与えてくれるようですね、
冬の間をうまく乗り切ってもらって、
春からたくさんの農作物を育てて頂きたいと思います。
Posted by ミフボンヌペール at 2017年10月10日 22:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


    スポンサードリンク
   

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 男の料理・男の育児など「クッキングとうちゃん」  All Rights Reserved.