今年はお休み - 男の料理・男の育児など「クッキングとうちゃん」 

今年はお休み


夏が来ると思いだす〜♪
この時期になると思いだします、昨年までのこの時期の事を・・・

夏休みの習慣として、娘と佐賀の実家へ帰省していました。
特に印象深く、思い出に刻まれるようになったのが、
4年連続で決行した「バイクによる帰省旅」

フェリー乗船.jpg


これらは娘にとっても印象深い体験になったと信じたいです。


最初のバイク旅、どうなるかドキドキの決行でしたバイク帰省旅・その1(前編)


バイクによる帰省準備は、乗船一カ月前から予約受付の、
フェリーの部屋を確保することから始まります。

すぐに満席になるわけではありませんが、
希少な二人部屋の個室はすぐに埋まってしまいます。

この二人部屋個室はカプセルホテル的な、
上下左右を気にしなければならない二段ベットの集団部屋とは違う快適さ。
是非ともゲットしたい部屋なのです。

それから、フェリーを降りた後の宿泊先の予約をしなければなりません。

最初の年こそフェリーを降りてまっすぐ佐賀の実家に向かっていたのですが、
そのまま帰るのではつまらない、
欲が出てきて、途中泊まりがけの寄り道して帰ろうという事になりました。

贅沢に予算を使える身分ではないので、格安旅館・ホテル予約サイトを吟味したおして、
少しでも安い宿を探し出すのに神経を注ぎます。


翌年、博多で宿泊したバイク旅天気晴朗なれど波高し


一人では割高になるところでも、二人だと安く泊まれるところがあるものです。
また小学生だと、添い寝を条件にお子様扱いで無料になるところがありました。

なんと、最安4000円の大人料金のみで、親子快適に泊まれました!

その中でも最高だったのは、四国・愛媛で泊まったホテル。
広くは無いものの清潔で、窓から「松山城」が見えるという景観の良さ。


最大の冒険となった四国横断旅四国・麺ロードを行く


しかし失敗もありました、
博多で泊まった格安ホテルは、部屋がタバコとカビと、
それらの匂いを消そうとする芳香剤が染み込んでおり、
入室したとたんこのホテルを選んだ事を後悔しました。

その翌日泊まった「壱岐」の素朴な民宿が天国のように感じられましたっけ。


雨に祟られたものの、印象的だった「壱岐」経由の旅三度あることは四度ある!?


キャンプ場の一夜だと、一泊1000円だったりしました、
蒸し蒸しと寝苦しかったテントの一夜も、今となっては懐かしいですね・・・

その他、寄りたいところのリストを挙げてリサーチしたり、
荷物の準備をしたりと、そりゃあこの時期は忙しかったものです。

残念ながら、今年は娘が受験生なので帰省はお休み。
なんだかホッとするような、物足りないような昨今を過ごしております。

来年はどうなるのでしょう、
また、娘と冒険が出来るのでしょうか?
それとも一人でバイク旅をする事になるのでしょうか?

フェリーは新型船も就航しましたし、昨年挫折した高知経由の四国旅、
リベンジしたいと思っております→四国再上陸失敗



最近作って好評だったもの、

豚シャブゴマだれ和え.jpg
              豚シャブゴマだれ和え


トマトと卵の塩炒め.jpg
              トマトと卵の塩炒め

オクラそば.jpg
                オクラそば


しっかり食べて受験勉強がんばれ!!

2016-07-31 17:37 | 千葉 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年は断念ですか、残念ですが、お嬢様のお受験じゃしょうがないですね〜(´・_・`)頑張ってくださいね〜(*^_^*)美味しい物を沢山作ってあげて下さ〜い
来年に期待しましょう〜(*^_^*)
Posted by シャネル at 2016年08月01日 20:35
>シャネルさま

コメント有難うございます!

毎年旅行記を楽しみにして下さり有難うございます。
娘、結構成績が良いので、
余裕があるなら短期の旅行なら行けるかな・・・
などと思っておりましたが、
先日三者面談に行ってきまして、現実を知りました。
とても旅行どころではなかったです(汗)
今年は尻叩き役に徹します(笑)
Posted by ミフボンヌペール at 2016年08月03日 10:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク
   

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 男の料理・男の育児など「クッキングとうちゃん」  All Rights Reserved.