「白菜キムチ」なんて簡単、レシピというにはおこがましいですが・・・ - 男の料理・男の育児など「クッキングとうちゃん」 

「白菜キムチ」なんて簡単、レシピというにはおこがましいですが・・・



まだシーズンではありませんが、
「白菜キムチ」を作りました。

納得できる味の市販のキムチがなかなかな出会えないので、
冬を待てずに仕込んでみたわけです。
実は「白菜キムチ」を作るのなんて簡単、ウチのレシピを紹介します。

キムチを漬ける際、「キムチのり」というものがかかせません。

それは上新粉を水で溶き、鍋で加熱してとろとろの糊状になったものなのですが、
このためにわざわざ上新粉を買うのもどうかと思いまして、
米を水に浸し、すり鉢で擂って作ったコメ液を加熱して作ってみました。

キムチ1.jpg


思い通りのものができましたよ。
「白菜キムチ」レシピの第一難関を簡単にクリアできました(笑)

キムチタレには、このキムチのりの他、
煮干出汁・生牡蠣・沖あみエビの塩漬け・梨・大蒜・生姜・ネギ、
それと韓国産唐辛子の粉を混ぜました。

キムチ3b.jpg

キムチ4b.jpg


塩漬けした白菜に絡めて混ぜます。

キムチ2.jpg

キムチ5d.jpg

本来白菜は、切らずに漬け込むのですが、
ウチの白菜キムチのレシピでは一口に切って和えてしまいます、
そのほうがタレも少なくてすみますし、簡単なんです。
白菜が漬かり過ぎ、グズグズになりますが、それが好みなので気にしません。

冷蔵庫に入れて発酵熟成させます。
この乳酸発酵して酸っぱいキムチがなかなか市販品では出えないのですね、

2週間後、酸味の強いキムチになっているのが楽しみです。


※その後美味しく出来上がりました。
 2週間では熟成が足りず、味も薄く感じましたが、
 1ヶ月ほど漬け込んで酸味との調和がとれた深い味の美味しいキムチになりました。



2015-10-29 17:13 | 千葉 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにとろみがありますね、某キムチの素は(*^_^*)キムチのりって知らなかったです〜
酸っぱいキムチは鍋やら炒め物に良く使いますよね、これからの季節に大活躍!
Posted by シャネル at 2015年11月04日 06:09
>シャネルさま

コメント有難うございます!

よく調べてみると「キムチのリ」は必ずしもカム地作りに必須ではないようです。
しかし、味も濃くなりとろみがあると白菜に絡見やすくて美味しくなりますね。
娘はキムチは食べませんが、炒めてやると好んで食べます。
せっか雨作ったキムチ、狙われそうです(笑)
Posted by ミフボンヌペール at 2015年11月09日 08:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク
   

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 男の料理・男の育児など「クッキングとうちゃん」  All Rights Reserved.