佐賀の「ちゃんぽん」にはかまぼこの他に欠かせない具材があります - 男の料理・男の育児など「クッキングとうちゃん」 

佐賀の「ちゃんぽん」にはかまぼこの他に欠かせない具材があります


佐賀の「ちゃんぽん」は本場・長崎のものとはちが違った進化をしてきました。
かまぼこはどちらも欠かせない具ですが、独自のものを入れるのが特徴のようです。

佐賀ちゃんぽんを食べさせる店として、「若柳食堂」「春駒食堂」が有名です。

「春駒食堂」
とは、佐賀の老舗の食堂で、大正11年より佐賀の皆様に親しまれています。

今回の帰省の折、久しぶりに行ってみました。

ここの名物メニューは皿うどんですが、あえて私が食べたのは「ちゃんぽん」
なんとも滋味あふれる味わいで美味しかったですねえ・・・

春駒食堂ちゃんぽん2.jpg


それを再現してみました。

長崎のちゃんぽんと違うのは、、
具に魚介類を入れないのが佐賀のちゃんぽんの特徴のようです。

代わりにかまぼこと地元のメーカー牛津蒲鉾製「あべ川」と呼ばれる、
伊達巻のような玉子焼きのようなものが入っています。
この「あべ川」を入れるのは、九州地方の雑煮に伊達巻を入れるという説があり、
その影響があると思われます。

味が薄くなるからと、キャベツが入らないのも独特です。

鶏ガラを炊き、スープをとりました、ラードで炒めています。
あべ川は手に入らなかったので、甘い卵焼きで代用しました。

なかなか美味しくできましたよ。

春駒食堂ちゃんぽん1.jpg

ちゃんぽんの特徴として、かまぼこなどの練り物の具から味が出るのが特徴ですね、
あべ川などの卵焼き類からはあまり味が出ず、彩りが主な役割のようです。


はい?

味はともかく、「あべ川」も入っていないクセに再現度MAXなどと言えるのか?
ごもっとも、しかし再現度MAXを謳ったのは実はここにあるのです。

春駒食堂ちゃんぽん5.jpg


丼が「春駒食堂」のそれと同じなんですねえ・・・というか春駒食堂のものです。
昔両親が春駒食堂のそばに住んでいた折、丼を作り変えるタイミングで頂いたそうです、

レトロ好きな私がそれを譲り受けていました。

春駒食堂ちゃんぽん3.jpg
「春駒」シンボルの馬の絵が味わい深いでしょう?


春駒食堂ちゃんぽん4.jpg
こちらは現在「春駒食堂」で使われている丼


春駒食堂ちゃんぽん5.jpg
こちらがウチのもの、昔のだから電話番号が4ケタです



「春駒食堂」の方も、まさか遠い千葉でこのようにちゃんぽんを再現され、
昔の丼を大切にされているとは思いもよりますまい・・・













2015-08-26 17:41 | 千葉 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チャンポン好きですよー(*^_^*)でも、本物は食べた事が無いです
チャンポンのチェーン店がこちらにもできました、いつか食べに行きたいと思います
チャンポンは豚骨スープかと思ってましたが、鶏ガラでもいいんですねー
所変われば入る物も違いますね〜
こちらの昔ながらの醤油ラーメンには麩が乗っかってます、スープが染みて美味しいよ(^○^)
Posted by シャネル at 2015年09月08日 15:22
>シャネルさま

コメント有難うございます!

昔、上京した頃中華料理店で食べたちゃんぽんは、
本場のものとは似ても似つかぬものでショックを受けました。
今はチェーン店が全国展開して本物の味が認知されるつつあり、嬉しいかぎりです。
鶏ガラスープのちゃんぽんは、ぐっと和風な味になります。
こちらもいつかは試していただきたいですね。
麸入りのラーメン食べたことがあります。
スープが染みて美味しいですよね、
なぜ流行らないのか不思議です。
Posted by ミフボンヌペール at 2015年09月08日 16:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク
   

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 男の料理・男の育児など「クッキングとうちゃん」  All Rights Reserved.