今だ屋台へたどり着けず・・・ - 男の料理・男の育児など「クッキングとうちゃん」 

今だ屋台へたどり着けず・・・


博多あれこれ7.jpg
 下船後乗ってきたフェリーを写す、今年も朝日が我々を迎えてくれました。


翌日、北九州で船を降りた我々は、一路「博多」へ向かいました。

途中寄ったのが、「JR香椎駅」
ここは松本清張の「点と線」に登場する謎解きの舞台になるところです。
当然当時(昭和30年代)の面影はなく、記念碑的なものもなかったのが残念でした。

博多あれこれ6.jpg


前後しますが、お昼は博多周辺でチェーン展開している地元の有名店「ひらお」の天ぷら定食。

博多あれこれ2.jpg


全てカウンターの店で、揚がった傍から置いていってくれます。
これでもかと次々に天ぷらが置かれていき、最後は食べきれるか心配になったほどです。

博多あれこれ1.jpg
 最初の白身魚、この後いか・きす・さば・かぼちゃ・なす・ピーマンと続きました


関東でこの値段でこの量は考えられないのではないでしょうか?
物価の安さ、博多の人の食べっぷりに感心しました。


15時、ホテルにチェックインして一休みしたあと娘と博多の街に繰り出しました。
目的は西新にある居酒屋で、「わらじや」というクッキングパパで何度も登場している店です。

博多あれこれ4.jpg


女将自ら栽培している自然薯と九州の地魚が食べられる店、
山芋の好きな娘のために行こうと決めていました。

玄界灘で捕れたばかりの「鯖の刺身」

博多あれこれ3.jpg


〆鯖ではありません、生です。これは美味い!!

脂も旨みもこってり乗っていてそれでいてしつこくない、
これを食べられただけでも来た甲斐がありました。

他にやはり自家栽培のらっきょの天ぷら、串焼きなど、
感じのいい店員さんと話すうち、ついつい注文し過ぎてしまいました^^
締めは自然薯を使った「とろろ丼」娘も大満足の様子です(写真撮り忘れました・・・)

19時頃に店を出ても九州はまだ明るいのです。
娘とはハシゴして二軒目は屋台に行くよと言っておきました。
博多といえば屋台、以前できなかったので屋台巡りは念願でした。

前回・屋台巡り断念の記事はこちら⇒晴れたり曇ったり

・・・がお腹いっぱいでもうホテルに帰りたいとのこと、
またもや屋台へはたどり着けませんで、屋台巡りは次回への課題となってしまいました^^

博多あれこれ5.jpg
            ホテル近くにあった「博多座」





2014-08-04 06:41 | 千葉 | Comment(4) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前 憂歌団の木村さんと食い倒れは大阪より博多!って話しで盛り上がった覚えがあります。博多は僕の肥満の発症の地でありまして…奥が深い。焼酎も匂いが違う!屋台は地元の友人と行ったのでボラれませんでしたが…お気をつけ下さいね。
Posted by 魚座の五郎 at 2014年08月04日 08:56
美味しそうなものばかり(@ ̄ρ ̄@)ご当地グルメいいですねー
多くても頑張って食べきると思います
残すのは作った人に失礼になるかと思ってしまうし(*^_^*)
旅は楽しく、2.3k体重増えてもええじゃないかー^^;
Posted by シャネル at 2014年08月04日 20:26
>魚座の五郎さま

コメント有難うございます!

私見ですが、大阪は粉物のように調理した食品に対して、
博多は素材で勝負!的な感じを受けますね。
残念ながら焼酎の違いまでは感じ取れなかったのですが、堪能してきました。
お人好しの私は屋台では、ボラれたかもしれません(笑)
Posted by at 2014年08月06日 10:42
>シャネルさま

コメント有難うございます!

次の宿泊地壱岐の民宿では、これでもかというくらい魚料理が出ました。
しかも娘の分まで食べたので腹がはち切れんばかりでしたよ。
もったいなくて絶対に残せません!!
・・・体重は絶対増えていると思います^^
Posted by ミフボンヌペール at 2014年08月06日 10:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク
   

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 男の料理・男の育児など「クッキングとうちゃん」  All Rights Reserved.