四国・麺ロードを行く - 男の料理・男の育児など「クッキングとうちゃん」 

四国・麺ロードを行く



それは一年前から計画されました。

反抗期真近の娘が、「もう佐賀になんか行きたくないよ!」
などと言いだす前、

そして中学生となりフェリー料金が大人料金になる前に、
実行したいと思っていたのです、

「四国横断バイク旅行」

ただ、私がひたすら横断するだけの旅行に終わらせるわけがありません。

四国の美味しい物を食べて歩く、とりわけ麺類を食べて回るために、

「徳島の美味い醤油ラーメンを食べさせてやるぞ」
とか、

「日本一美味い釜玉うどんは食べたくないか?」

と言い包め、一年かけて娘を四国行きたいモードを高めていったのです(笑)
そして遂に敢行いたしましました。


昨年までは、
二泊かけて東京→北九州へ渡っていたのですが、
今回は経由地「徳島」で降ります。

昼過ぎに接岸、上陸。
向かったところは全国的に有名な徳島ラーメンの

「中華そば・いのたに」

いのたに1.jpg

いのたに2.jpg
            有名人も多く訪れています


これは美味い!私の好みに合った醤油味です。
小ぶりのどんぶりになみなみ注がれているのも私好みでした。

いのたに3.jpg


キャンプ場で一泊し、翌日は讃岐うどんで釜玉うどんの元祖、

「山越うどん」

へ向かいました。

キャンプ場から文字通り山を越えたところにあるはずなのですが、
地図の見方が間違っていたのと、生来の方向音痴がたたってなかなか目的地に着けません。

国道438号線から、県道17→185号線に入らなければならないのですが、
なぜか438号に戻ってきてしまうんです。

ナビゲータ役の娘と共に「438無限ループの恐怖」と困惑していました(笑)

諦めかけたところで役場を発見、道を尋ねやっとの事で到着できました。

山越うどん1.jpg

山越うどん3.jpg
         こんな素敵なロケーションで食べる事ができます。

ここも有名店で次々と人が押し寄せています、少し並びました。
うん!これも美味い、はるばるやってきた甲斐がありました。

山越うどん2.jpg


ただ事前の情報で此処の釜玉うどんは熱々の麺と生卵が絡み、
カルボナーラのような食感が絶品とあったのですが、
ちょっと、熱が入りすぎて卵とじうどんのようになってしまっていたのが、
私や娘の好みとは違い残念でした。

冷たい麺での釜玉だったらもっと感動出来たろうに・・・
悔やまれてなりません。


娘を連れての食べ物屋めぐりはこれが限界、
たった二軒としょぼいんですが、四国の麺ロードを走り抜けました^^




2013-08-09 08:26 | 千葉 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バイクでの麺を求めての旅はロマンがありますね。僕も行ってみたいです。
Posted by ケロ at 2013年08月09日 14:54
夢のようなお話(*^_^)
憧れですわー食べ歩きの旅
本場のうどん食べたい!
徳島ラーメンは見た目がパワフル(^。^;)
次は何を食するのか楽しみです(^○^)
Posted by シャネル at 2013年08月09日 18:42
>ケロさま

コメント有難うございます!

バイクの旅は空気感が感じられて大変楽しいです。
今回は麺を求めてでしたが、店先に漂う良い匂い(これも空気感?)に誘われて飲食店に入ってしまう事もあります。
Posted by ミフボンヌペール at 2013年08月17日 08:44
>シャネルさま

コメント有難うございます!

今回は贅沢させてもらいました・・・
現地の雰囲気を感じながらだとより美味しく感じます。
これが食べ周りの醍醐味ですねえ。
しかし、食べ歩きの時には胃袋がもっと大きければと悔しい思いをする事があります(笑)
Posted by ミフボンヌペール at 2013年08月17日 08:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371525266
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

    スポンサードリンク
   

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 男の料理・男の育児など「クッキングとうちゃん」  All Rights Reserved.