師匠登場!! - 男の料理・男の育児など「クッキングとうちゃん」 

師匠登場!!




クッキングとうちゃん

      手前が新区画です




念願かなって、畑が2区画借りれる事になりました。


今までの倍です。


新しい区画は雑草だらけになっていたので、


この土日、草を抜き土を耕していました。



ちょっと用事で家に戻り、再び畑に戻る時に、


近所のお爺さんとすれ違いました。


挨拶をする程度の顔見知りです。


「こんにちは」と声をかけると、


「いい天気だから作業がはかどりますね、がんばって」


との返事、


そして通り過ぎようとするその手をみると・・・


見慣れたシャベルを持っておられるではありませんか!


「あの・・・それ私のシャベルなんですけど」


「ああ、これ?向こうの方に放られてたよ、


あなたの?気をつけたがいいよ、じゃあね!」


去って行かれました、あっけにとられました。


この飄々とした態度、この生き方、


まさに人生の師匠と呼ぶにふさわしい


・・・スミマセンしょっぱなから蛇足でした(笑)


本題はこれからなのです。



この一連の事件(?)を遠巻きに見ていたという、


がっしりとした体つきで強面の男性に声をかけられました。


「シャベルをとられそうになったの?気をつけたほうがいいよ、


あの爺さん常習犯だよ。


悪気はないんだけど、ちょっとボケてるから・・・


オレも何度もやられたよ」


これを機にいろいろと話すようになり、


ここの家庭菜園のベテランだという事で、


農業指導をしてくださいました。


土を掘りおこし、


ここの区画はいい土だよとのお墨付きを頂きました。


(この辺は諸事情により区画で土質が変わるそうです)


ホームセンターで買い求めると


高価な支柱や囲いのための網を、


安く買い求める裏技を教えてもらいました。


また、自分で発酵させた


堆肥を使った循環型農業を目指している事を告げると、


「じゃあ、オレのを見せてやろう」と、


御自分の区画へ連れて行かれました。


その畑の一画には、


角材で補強されたテントのような作業具置き場がありました。


クッキングとうちゃん


子供の作った秘密基地のようでもあり、


ちょっとワクワクしました。


中には発酵桶も数種置いてあります、


「発酵の度合いで分けてるんだ」との事で、


熟成が進むにつれ移し替え、完全熟成させるらしいのです。


その間、牡蠣ガラ粉末・糠・油粕などを混ぜ、


自分なりの堆肥を追い求めているのだとか。


その姿勢、DIY感覚に相通じるものを感じ、


思わず「弟子にしてください!」


と言いかけそうになってしまいました(笑)


これからもいろいろ教えてもらおうと思います、


頼もしい御近所さんに知り合えたものです。



この日の晩ご飯


「鯛飯」


クッキングとうちゃん



子鯛が半額で売られていたので、


思わず買ってきてしまいました。



新しい区画が借りれたからとか、


師匠が出来たからとかの、


「おめでタイ」の意味は全くありませんです・・・(笑)

2010-10-25 08:40 | 千葉 | Comment(6) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■無題
おぉ♪
噂の・・・!ですね。

シャベルは・・そんなに何本も持って行ってどうするのかしら?コレクション?
なんて、安易に見ちゃいけないですね。
れっきとした泥棒さんです(T-T)
注意しなきゃいけないですね。

「弟子にしてくださいっ」

言っちゃえば良かったのに〜(笑)
私だったら絶対言っちゃうわぁ〜楽天家だから^^v
Posted by サカ子 at 2010年10月25日 19:35
■無題
頼もしい師匠がいてよかったですね〜(^-^)/

おじいさん悪気は無いんでしょうねえ
鍵でもつけて置いたらいかがでしょう〜(笑)
小さな小屋を造るとか・・・

これからはどんな野菜を?
楽しみですねo(^▽^)o
Posted by シャネル at 2010年10月26日 00:01
■無題
よかったですね〜
これで、もっともっと沢山野菜を収穫できそうですねっ。師匠は本当によく知ってるみたいだし頼もしいですね。
お爺さん。少しぼけてるとか。。。なんか寂しくなってしまいますなあ。。。
Posted by もんち at 2010年10月27日 12:55
■コメント有難うございます!
>サカ子さま

失敬したシャベルやじょうろは、
別の畑に放って行くらしいですよ。
コレクションをしているわけでもないんです。
師匠(笑)も困り果てているらしいのです・・・

「弟子にしてください」
言えませんでした。
でも、その後も苗をくださったりアドバイスしてくれたりと、
良くしてくださっていますよ。
Posted by ミフボンヌペール at 2010年10月29日 09:50
■コメント有難うございます!
>シャネルさま

師匠は小屋にちゃんと鍵をかけていたんだそうですよ。
それでもいつの間にかなくなっているとか・・・
不思議ですよね???

これからは春に向けて、
インゲンだの蚕豆だのを進められました。
大根や玉ねぎもまだ遅くはないとかで、
ちょっと焦っています^^
Posted by ミフボンヌペール at 2010年10月29日 09:53
■コ
>もんちさま

ここの畑には二大名人がいるとかで、
師匠はその一人らしいですよ。
どんどん教えてもらって、
収穫量を増やしたいと思っています。

おじいさんは好々爺なのですが、
少しぼけていると知ってショックですね。
普段あいさつしているのも覚えていないのかも・・・
本当に寂しいですなあ・・・
Posted by ミフボンヌペール at 2010年10月29日 09:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


    スポンサードリンク
   

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 男の料理・男の育児など「クッキングとうちゃん」  All Rights Reserved.